FC2ブログ

幹さんの今日も悠々記

ついに75歳を越した・今のところ心身の末端には多少の支障が生じてはいるが・・一見元気。心は毎日どこかへ出かけたい・・今年も頑張って外出したい・・新しい発見を求めて・・そんな日々を記録する。

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「5」

走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・カーナビ任せのお遍路でした。

25番のお寺津照寺へと

本堂の参拝が終わると今度は下りの石段だ・・見下ろせば怖いほどの石段を・・手摺を頼りに降りていく。痛い右足には相当なダメージだ・・石段の右手には小さなお堂が続いている。

下り終えたところが大師堂と本坊のエリア・・お寺のお坊様は毎日何度もこのお山を登り降りしておられるのだ・・敬服ものだ・・

大師堂は目立たない造り・・すぐ横に「納経所」があるし・・「確っかり納経しなきゃ・・」なんか、先生の前で朗読してるみたいだ。

御朱印を戴いて・・上を見上げると、本坊から本堂へと屋根つきの建物が続いている・・濡れずにいけるようだ・・

本坊を背に参道へ戻ると石垣の上に「巨岩」が乗せてある・・この港の入口の開鑿で取り出した石片らしい・・
008147.jpg
010147.jpg

太平洋に面するこの辺りには「天然の良港」が無くって・「土佐の船路は恐ろしや・・」と。この港が唯一小船の入れる窪みのような地形だったとか・・中へ入ってしまうと、見上げるばかりの岩山に守られる地形だが入口が狭くって・・

何とか「入口の開鑿」を・・が悲願で・・色んな業者が挑んだが・・固い岩盤に阻まれて・・

江戸時代の土建業者「一木権兵衛」さん・・港の入り口をふさいでいた「釜石」を海神様に命がけで粉砕と誓願・・

見事成就し・・その破片が境内に祀ってあった。砂浜の多い海岸線で珍しく岩山が海に面した地形・・入り江はあっても岩礁の多い所、危険極まりない港の出入りだったらしい。

この権兵衛さんを祀ったお宮さんが「一木神社」として石段の近くに在った。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/16(日) 16:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「6」  | ホーム | 師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「4」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kankujunpaikikou.blog68.fc2.com/tb.php/4002-62842aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

幹さん

Author:幹さん
幹さんのブログへようこそ。
自分の時間が沢山ある年齢になったのに、一日が早く終わる様に感じられます。そんな貴重に感じる日々を充分に味わいたく、あっちこっちと気になる所へ走っています。
 元気で体力の続く限り四国八十八箇所霊場を巡りたいと、時間を見つけて出かけています。勿論合間にはボランティアーも、そして毎日のプールも。そんな日々を記録しました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来訪の方


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する