FC2ブログ

幹さんの今日も悠々記

ついに76歳を越した・今のところ心身の末端には多少の支障が生じてはいるが・・一見元気。心は毎日どこかへ出かけたい・・今年も頑張って外出したい・・新しい発見を求めて・・そんな日々を記録する。

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「155」

師走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・
カーナビ任せのお遍路でした。

出釈迦寺の本堂・大師堂を打ち終えて・・捨身が嶽を望む高台へもお参りした・車で上れば・捨身が嶽本堂へも行けるらしいがかなり急坂‥今回は割愛・・

駐車場へ戻って、曼荼羅寺へと、急な坂道を下る。曼荼羅寺の隣には大きな民宿があったが、倒産したらしい・・きれいな駐車場に代わっている。

曼荼羅寺の山門へと・・お寺の前の道は狭くって、山門の写真を撮ろうとすれば向かいの田圃へ入らないと・・「入るなって意味のことが書いてある。」
IMG_3068aaaa.jpg
dc0422126_aaaa.jpg

参道を入っていくと正面に本堂が、手前にちょっと中央部がむくれあがったような橋が・・・・小さな池をまたぐようにかかっている。

進んでいくと「西行法師」の句碑が・・この近くにお住まいだったとか‥よくお昼寝に来られたのかなー・・本堂へとお参りする。

本堂での納経を終えて‥大師堂へと‥このあたりから周囲の山々を見上げると‥目立つ大きな山が5つ・・

出釈迦寺の奥の院のある「我拝師山・香色山・筆の山・中山・火の上山」・・

大師御誕生の「善通寺」の山号が「五岳山」・・この周囲の山がお大師様幼少の頃の遊び場だった所以か・・

スポンサーサイト
  1. 2019/05/21(火) 17:42:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「154」

師走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・
カーナビ任せのお遍路でした。

71番のお寺、弥谷寺を打ち終えた。急な坂道を駆け下りて。国道11号鳥坂峠を目指す。

徒歩遍路の道とは違ってかなりの大回り・・国道へ入ると一気に車が増えて。・・七佛寺のある「大池」・・ゴルフの打ちっぱなしのある池。のそばを通って右手へ・・幹線道路だからなかなか右へは曲がれなくって・・

次の交差点を右へ・・まずは出釈迦寺を目指して細い道を山手へと登っていく

出釈迦寺への道の途中にため池があった。その周りをぐるっと回って曼荼羅寺の裏手へと出る。

このあたりから出釈迦寺がかなり上のほうに見える。急坂を登るのだ。

周りはミカン畑・・道は狭いが見通しは良い‥ぐんぐん上ってお寺の駐車場へと到着・・奥のほうがお寺の無料駐車場手前が民営の有料らしい・・もちろん奥のほうへと停めて。

お寺の山門までが長い‥見上げる位置にある。急な坂道をひたすら上るのだ・・振り返ると眼下に善通寺市の街並みが見える。

山門は実に質素なつくりだが堂々としている。山寺・・って感じ‥山門直下から急な石段を登って境内へと。左手にこのお寺の由緒絵図が大きく掲げてある。
IMG_3069uuu.jpg
dc0422230_uuuu.jpg

お大師様が幼少のころこの先の480メーターほどのお山「我拝師山の崖から飛び降りられた」お山・・捨身が嶽‥の由緒が・・

境内は急な山肌を削って平地を確保したようで狭い‥本堂と大師堂そして本坊がこじんまりと立っている。

左手の高台には「我拝師山」を拝む場所がしつらえてある。捨身が嶽と一体のお寺のようだ。

  1. 2019/05/20(月) 16:43:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「153

師走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・
カーナビ任せのお遍路でした。

弥谷寺の大師堂へとお参りした。・・5メーターほど上の崖の上に建っている。

石段を上がって靴を脱いでさらに階段を上がる。・・もうすでにお堂の中・・廊下の左手が納経所・・職員の方が並んでおられて・・ちょっと緊張する。

まずはお参りを‥前を通って右に曲がると正面・・照明が実にキレイで輝いて・・

座らせていただいてお参り・・正面の奥のほうにお大師様がおられるようだ・・まずはこちらで納経・・

さらに奥へ進んで右手へと奥へ奥へ・・「獅子の岩屋」といわれるお大師様が幼いころ勉強されたところらしい。

1.5メーターほどの高さの岩をくりぬいた部屋が・・その右手には外光が取り入れられるような窓・・もちろんガラスははまっていない。

そこにお大師像が・・この像を先ほど納経をしたところから拝んだらしい。

間近でもう一度拝む・・お大師像のそばにはご両親の像が並んで・・家族水入らずって格好だ。

お堂の中は静かで・・靴を脱いでいるのでなんかくつろいだ気分で・・いつまでも居たい雰囲気。
dc0423161xxx.jpg
dc0423160xxx.jpg

御朱印をいただいて、靴を履きなおしお堂を後に・・下りはマイクロバスは断って徒歩・・まずは大師堂の前の108段あるとかの階段下り・・長ーい動かないエスカレーター・・って感じの朱塗りの階段、鉄製だ。

その長い階段を下りきったところに大きな仏像が立っている。そのあたりからの石段が長い・・ひたすら下ると山門が・・そして有名な「俳句茶屋」でも休業されていて建物全面をシートでカバーされていた。

前を通ってすぐに駐車場・・

  1. 2019/05/19(日) 17:17:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「152

師走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・
カーナビ任せのお遍路でした。


弥谷寺の大師堂の近くまでマイクロバスで送っていただいた。本坊の裏手へと林道が開通したらしい。本坊の前を通って大師堂の下へと到着した。

まずは本堂だ・・大師堂の前を通り抜けて進む・・急な石段が次つぎと表れて「これでもかー・・」って具合に。やがて崖っ淵の本堂前の石段へと到着して・・振り返ると眼下に三豊平野と高速道路を走る車が小さく見えて、上ってきた‥って感じ。

本堂を打ち終えて帰り路は違う経路・崖の下のうす暗い石段を下っていく・・

崖に摩崖仏・・阿弥陀三尊・・らしい・・周囲はお墓がいくつも・・この地方のお方がなくなると遺族が遺骨を納めに来るお山らしい。  なんとも陰気な気配の下り道だ
dc0423163ppp.jpg
dc0423168_pppp.jpg
dc0423169ppp.jpg

急な石段を下ってお大師様の像の立つ台地へ‥こちらには鐘撞堂も・・一見お堂のようなスタイルの鐘楼・・なかへ入ってゴーンって感じ・・

大師堂への道を進むと右手上のほうに「多宝塔」・・こちらもなかなか立派なお堂・・でもお参りする道が急な坂でさらに狭い・・今回はクリアー・・

大師堂の下へと到着・・。大師堂は急な階段を上がった屋内・・外からは拝めない・・いったん建物の中へ・・お堂の中へ入って拝ませていただく・・もちろん靴を脱いで・・

崖の段差を利用して建てられたお堂・・3-4メーター上がったところに靴を脱ぐ場所が‥そこから木製の階段を上がってお堂の中へと・

  1. 2019/05/18(土) 16:57:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走になって自動車遍路に行ってきました24番から75番へ2018年12月「151

師走になって走りだしました。・・目標は24番から75番の51カ寺の巡拝・・
カーナビ任せのお遍路でした



70番の札所本山寺へとお参りした。

本堂と隣り合わせの大師堂へとお参りして、納経所は本堂の裏手・・塀で仕切られているので違う屋敷のようだが・・入っていくと実に立派な本坊が・・

御朱印をいただいて・・表にいろんな建築金具が・・お聞きすると
「五重塔の改修工事で、、」出てきた、昔から使われてきた金具で今回工事で交換したもの・・

現代は機械工作でいろんな形の金具ができるのだろうが・・大昔はすべて鉄の塊から「叩き出して」かたちづくったものか、・・・歴史遺産かも

本山寺を打ち終えて東へと‥しばらく国道を走って左手へと、三豊市へと入っていく・・JRの高瀬駅のあたりで左手へと入って‥弥谷寺への参道へ・・
dc0423173ppp.jpg
IMG_4780_ppp.jpg

前方の小高い山の中腹が弥谷寺・・その手前に「道の駅・みのふれあいパーク」日帰り温泉施設がある。

急な坂道を登りきると、その駐車場、そこを右手へ‥さらに上ると弥谷寺の駐車場・・といっても止められる程度の。

そこから歩いてお寺へ・・一キロ弱の急坂・・その覚悟をしようとしたとき・・「バスが出まーす」・・って声が・・隣の敷地の建物の前で呼びかけておられる。

弥谷寺の山麓の大師堂のあるあたり・・本坊の裏手へ通じる林道が近年開通したらしい。そこへのシャトルバスが出ているらしい。金500円なり下りは別料金。

ちょっと考えてお世話になることとした。ものの5分程度の急坂登り・・すぐに大師堂と同じ標高の台地へ到着。

  1. 2019/05/17(金) 17:22:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

幹さん

Author:幹さん
幹さんのブログへようこそ。
自分の時間が沢山ある年齢になったのに、一日が早く終わる様に感じられます。そんな貴重に感じる日々を充分に味わいたく、あっちこっちと気になる所へ走っています。
 元気で体力の続く限り四国八十八箇所霊場を巡りたいと、時間を見つけて出かけています。勿論合間にはボランティアーも、そして毎日のプールも。そんな日々を記録しました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来訪の方


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する