幹さんの今日も悠々記

ついに75歳を越した・今のところ心身の末端には多少の支障が生じてはいるが・・一見元気。心は毎日どこかへ出かけたい・・今年も頑張って外出したい・・新しい発見を求めて・・そんな日々を記録する。

湖の子・・幹さんの御手伝い・・行ってきました。6

今シーズンの琵琶湖フローティングスクールの御手伝い・・琵琶湖大橋港へ行ってきました

いよいよカッターへの乗り込みだ・・先ずは先生が模範を・・幹さんは先に、へ先へ乗り込んで先生の手を取って・・ボートへ・・

次は子供達だ・・結構腕白そうな子供でも・・1メーター下のボートに下りるのは怖いらしい・・尻込み・・って、格好が・・

陸上の先生が腕をつかんで・・浮き桟橋の先端へ・・下から幹さんが・・「両手を出して・・」ってカツを入れる。

及び腰で手を出す・・「両手を出して・・」がっちりと掴んで引っ張り込む・・
008vvb.jpg

ボートに足が着くと「我に返ったように・・」元気を取り戻し前へと・・船尾のほうから順次乗り込んで・・8人が今回の定員・・

全員が乗り込んで、お尻を付けると賑やかになる・・が・・此処から先生の指導が始まる・・幹さんは舳先に立って「ひたすら訓練水域を目指して漕ぎ出す・・ヨイショヨイショだ・・

スポンサーサイト
  1. 2018/07/18(水) 17:32:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖の子・・幹さんの御手伝い・・行ってきました。5

今シーズンの琵琶湖フローティングスクールの御手伝い・・琵琶湖大橋港へ行ってきました。

今回は8時10分から体験航海開始・・8時前に「浮桟橋へ移動」・・来たときとは[さらに日差しがきつくなって・・]・・こりゃー厳しいぞー・・

野球帽の後ろに、首筋の日焼け防止の日覆を取り付けている。本当は麦わら帽子が欲しいが、副艇長の、品格ってものに影響しては。って気づかいだが。

担当するカッターの傍で待っていると、子供たちがやってくる。7-8人のグループだ。
P1020646cxz.jpg

先生が艇長・・子ども達はいくつかの学校の5年生の寄せ集め。・・異なった学校の子供たちと交流するのが目的らしい。

今回は幹さんの住む町の学校が主体で後は周辺の町の小人数な学校の子たち・・

既に一泊しているので・・子ども達どうしは慣れ親しみつつあるのだろう。「ワイワイガヤガヤ」収まりそうにない・・

「整列・・」先生が大きな声を・・さすが5年にもなると・・一瞬で先生を注目する。

先生も初対面の子供もいるし幹さんは勿論初対面・・其々自己紹介・・この瞬間から幹さんは「お爺さんから先生に昇格。」
  1. 2018/07/17(火) 18:10:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖の子・・幹さんの御手伝い・・行ってきました。3

今シーズンの琵琶湖フローティングスクールの御手伝い・・琵琶湖大橋港へ行ってきました。


いよいよ幹さん初めての「新造船搭乗」だ。真新しいタラップを登って入るところは2階相当の場所らしい・・・・船の周囲の手すりのある回廊を船首の方へ・・真新しい船内へと入って行く・・

何もかも新しい・・なんてったって「ペンキ塗りたて・・」靴を履きかえてすぐに4階の会議室―と・・

子ども専用船だから階段の踏み代は「子供の足サイズ」「バカの大足」の幹さんの靴にはちょっと窮屈で急な階段・・

階高も大人用ではないのでちょっと、低い・・大きな先生は窮屈らしい・・勿論一時代前の標準形の身長の幹さんには「なんの不足もないし・・」
007zzxc.jpg

この船の中で一番良い部屋らしい4階の会議室・・船の操舵室の真下・・前方の視界は最高。でも以前より少し狭い・・

このお部屋で乗船されている学校の先生のご説明をお受けする。・・暫しの説明タイムと御休憩。

船は自家発電のために常時エンジンを運転しているがこの部屋では「エンジン音」は感じられない。じっに静か・・先代の船とは格段に違う・・

本日のカッター活動は4回のローテーション・・30分づつ4回乗り換えで全員がカッター体験乗船・・担当するカッターの指定を頂くのだ・・
  1. 2018/07/16(月) 17:39:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖の子・・幹さんの御手伝い・・行ってきました。

今シーズンの琵琶湖フローティングスクールの御手伝い・・琵琶湖大橋港へ行ってきました。

道の駅「米米プラザの駐車場」へ滑り込んで・・早朝なのにたくさんの車・・中には「キャンピングカー」も、数台・・

珍しいので「覗きに・・」大きな窓には日除けが貼り付けてあって中は見えないが・・小さな窓からは・・中で「お茶」しておられるらしい姿も・・

昨夜は暑かっただろうに・・クーラーは・・窓を開けたら「蚊」も入るだろうし・・いらぬ心配休むに似たりだ・・
003ffd.jpg

でも「宿の心配なし」に、走りまわれるのは魅力だ・・幹さんの「秋のお遍路」はこれで行こう・・ナーンテ想像を・・

お手洗いを済ませて「浮き桟橋」の入り口へと・・まだしっかり施錠、しばらく待つしかない・・やがて次つぎとお仲間が集まって来られて・・久しぶりのご挨拶だ・・

全員が揃ったところで・・船から見ておられたのか「掛かりの先生がカギを持って・・」

船のタラップまでは50メーター位か・・先日来の豪雨で固定桟橋の付近は水面が近い・・何てったって+70センチだから・・

でも「浮桟橋」は・・常時同じ高さ・・浮いてるのだから・・何時もなら浮桟橋へ「下って行く」のに・・本日は「上り坂」を歩いて・・

浮桟橋は幅5-6メーター・・長さ30メーター位か・・水上に1メーター程浮いている。太さが5センチほどの「ごっつい鎖で固定杭」に巻き付けてあって

水位の上昇で今まで達したことのないようなところまで浮き上がって・・これが浮桟橋だ・・固定した岩壁なら水没している水位なのに・・
  1. 2018/07/15(日) 17:17:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

琵琶湖大橋・・まで走りました。3

幹さんの唯一の御手伝い、子供たちのカッター体験の御手伝いに、琵琶湖大橋のたもとの港へと走りました。

道の駅の建物をぐるっと一周・・ベンチでは早朝のジョギングをされていたご夫婦連れが、ポットからコーヒーらしきものを取り出されて・・

幹さんには考えられない羨ましい光景だ・・

他にも、カップラーメンをすすっておられるお方がおられたり・・いずれも釣竿をお持ちだからバス釣り・・
002 (2)dfgf

建物のはずれの辺りに桟橋があって、50メーター程沖合まで伸びていて・・船が停まっている・・

桟橋は時間が来るまで立ち入り禁止・・しっかりと扉に施錠がしてあるそれも2重に・・

バス釣りの人たちが入って来ないようにガードをしているのかなー・・
  1. 2018/07/14(土) 17:26:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

幹さん

Author:幹さん
幹さんのブログへようこそ。
自分の時間が沢山ある年齢になったのに、一日が早く終わる様に感じられます。そんな貴重に感じる日々を充分に味わいたく、あっちこっちと気になる所へ走っています。
 元気で体力の続く限り四国八十八箇所霊場を巡りたいと、時間を見つけて出かけています。勿論合間にはボランティアーも、そして毎日のプールも。そんな日々を記録しました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来訪の方


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する